フコイダン,効能,効果,サプリメント | 商品情報

フコイダン商品一覧
ランチェスター・フコイダン ランチェスター・FGH・フコイダン
詳細を見る 詳細を見る
商品の特徴
フコイダンとは?フコイダンとは
フコイダンの分子構造フコイダンの分子構造 フコイダンは、1913年スエーデンのキリン教授が昆布のヌメリ成分として発見。そのヌメリ成分は沖縄モズクに大量に含まれ、水溶性食物繊維の一種で「硫酸化フコース」を主とする高分子多糖体です。フコキサンチン、フコキサンチノールはモズクの中の色素でカロチノイドの一種です。
フコイダンはもずく 1000gからわずか 1gしかとれない貴重なものです。
健康のために充分な量のフコイダンを摂取しようとすると、モズクを1.8kg以上も食べなければいけません。
トップへ戻る
沖縄のモズクにこだわる理由
沖縄のモズクは全国の需要の90%以上をまかないます。
沖縄のモズク
沖縄のモズクにこだわりがあります。
日本一の長寿県である沖縄はまさに海の幸の宝庫といえます。フコイダンの原料となる沖縄モズク(フトモズク)は、奄美大島から沖縄本島経て西表島の海域に生息します。年間を通じて海水温が18~30度に保たれ、太陽の光がさんさんと降り注ぐ沖縄ではまさにモズクがすくすく育つ条件にぴったりの場所といえます。沖縄モズクは褐草類ナガマツモ科の海藻で、今では食用として全国の需要の90%以上まかなうという「沖縄の特産品」となりました。
今、熱い視線を集めているのは貴重な機能性成分フコイダンとしての役割です。
他の海草類(ワカメやコンブなど)に比べると、沖縄モズクは抽出作業で邪魔になるアルギン酸などの含有量が少なく、反対にフコイダンの含有量が多いです。これらをふまえて沖縄モズク産のフコイダンは高い評価を得る1つの理由になっています。
太陽の恵みをたっぷり浴びた「フコイダン水溶液」を使用!!
海の野菜である海藻、沖縄モズクにはフコイダンやカロチノイドの1種、フコキサンチン、フコキサンチノール、ビタミンやミネラル、アミノ酸、さらにカルシウム、鉄、マグネシウム等の必須微量元素が多く含まれています。
最近の研究により、フコイダン(硫酸化フコース)やカロチノイドが従来の栄養学では予想もできなかった機能や栄養生理学上の著しい効果を持つ事が明らかになりました。又、低エネルギーで良質の水溶性食物繊維もたっぷり含まれています。
沖縄 イメージ写真 沖縄 イメージ写真 沖縄 イメージ写真
トップへ戻る

FGHとは?
Fは、FUCOIDAN。Gは、GREAT。Hは、HEALTHY。の頭文字をとって略してFGHと呼んでいます。
高齢者共同住宅
お問い合わせ
ランチェスタージャパン
このページのトップへ